ウンブリア周遊

ヴィラ・ロンカッリを後に、ウンブリア地方を巡る。フォリーニョから20キロ足らずでアッシジに到着。聖フランシスコ聖堂を訪れ、チマブエやジョットに見入る。このあたりからイコノ・アディクト(聖像中毒)にかかってきた。

今日の宿も決めていなかったが、ウンブリアの風景に魅せられたので、ゆっくり巡ることにして、ペルージャでホテルを見つけることにした。町の中は車の乗り入れを規制しており、車を置いてホテルに荷物を運ぶのも大変そうなので、城郭の外に観光用のホテル・グリフォーネというのを見つけてレセプションにいたおやじに部屋はあるかと尋ねた。全く問題無く一部屋確保。おやじさんは話好きなようで、ここには日本人の団体も来るよと、宿帳を見せてくれた。イギリスやフランスの日系旅行会社のツアーで使われるようだが、その日は日本人ツアー客もおらず、ひっそりとしていた。

バスの回数券を分けてもらい、街区に上る。ペルージャは小高い丘の上にある城塞都市だ。エトルリア、ローマ、中世と三つの時代が大きな層となって城塞を形成している。年輪のように時間が空間に変換された姿。その奥行きのもたらす重厚感は町のすみずみから漂う。そして、その石畳の道を溢れるばかりの学生達が大騒ぎで行き交う。ペルージャはイタリアでも有数の大学町だ。何と、幸せな街なのだろう。学生は街に育てられるべきなのだ。街は若さに豊かな拡がりを、自由に深い息吹を与えるからだ。そして、街は自由を呼吸するのだ。

美術館にはウンブリアを中心とした絵画が収められている。フラ・アンジェリコもピエロ・デッラ・フランチェスかもあるが、何と言ってもペルジーノ。

街の中心となっている11月4日広場を左に外れると、ちいさなレコード屋があった。表通りに面した方は、ちいさな店舗でジャズやポピュラーをよく選んで揃えているが、迷路のような建物の中を下りていくとクラシックのコーナーになる。パリでよく見た、黒いジャケットの古楽レーベル QUADRIVIUM が山積みになっている。どうやら、ここが QUADRIVIUMの出版元らしい。店番の女の子に訊くと、果たしてその通り。まだ持っていなかったいくつかのタイトルを買う。ペルージャは城塞の中のあらゆる通り、路地が中世の面影を残し、更にその下地にはエトルスキが眠っているのだ。さんざん街を歩いたあと、夕食を城壁内でとっても良かったが、ほろ酔い加減でホテルまで歩くのも骨だ。夕闇が広がる頃、バスに乗ってホテルに戻った。バス・ターミナルがあるイタリア広場から見下ろす夕暮れのウンブリアの光景が、今も甦る。

昨晩が大変な食事だったので、その晩はおとなしくホテルで軽く済ませる。

翌日は、グッビオという趣のある城塞都市を訪れた。そこからコルトーナへ。宿泊はコルトーナのホテル・サン・ミケーレ。16世紀の建物を改造してホテルとして使っている。ホテルの並びのレストランが実においしかった。しかしミシュランには名前すら出ていない。イタリアにおけるミシュランの有効性に大きな疑問を感じ始める。

コルトーナの美術館ではフラ・アンジェリコの受胎告知を観る。フィレンツェにあるものとは別のものだ。それからアレッツォへ。ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画のあるサン・フランチェスコ教会に入ろうとするとジプシーの子供達の襲撃にあう。ズボンのポケットまで手をねじ込んでくるのだ。その時は、上着のチャック付きポケットに分散収納していたのでことなきを得る。門番のおじさんが気が付いて、ハエのように追い払うとガキどもはちりぢりに消えていった。

アレッツォからトスカナの田舎を走り、シエナへ。シエナの後は、塔の町として有名なサン・ジミニャーノを訪れる。塔にも上ってみるが、やはり町の外から見る姿が印象的だ。離れるとき、車を停めてその不思議な風景を再び目に焼き付けた。

絵のようなトスカナの丘をいくつか越えて通りかかったピエンツァの町で泊まることにした。町のすぐはずれにあって手頃な値段のホテル・コルシニャーノに投宿。ピエンツァの町は15世紀からの歴史がある。小さいけれど、何か人工的な不思議な雰囲気があるところだ。食事はまたホテルでとることにした。フィレンツェでのひどい夕飯とヴィラ・ロンカッリの飽食で完全にやられてしまったようで、今回のイタリア旅行では食べ物運に期待するのはあきらめることにした。イコノ・アディクトになっていたのも、何か中枢神経に作用していたのかも知れない。そんなこんなで、今でもトスカナ料理と言うのには、あまり食指が動かなくなっている。